FX取引における時間と手間を省いてくれる便利なツールが「トラリピ」です。トラリピを利用すれば、自動的に売買を継続して利益を稼いでくれます。ただ、トラリピを利用するためには、初めに売買方法を設定しなければなりません。そこで、トラリピには初めて利用する人でも迷わずに設定できるように、「らくトラ」という簡単に注文方法を設定できるツールが用意されています。

●設定手順 売買方法の設定は以下の手順で行います。

  1. 始めに、トップ画面にある「らくトラ」をクリックします。
  2. 注文画面に表示された以下の質問に答える形で売買方法を設定していきます。

1)通貨ペアは? 米ドル/円など、取引したい通貨ペアを選択します。

2)売り買いは? 為替価格が上がった時に売る場合は「買い→売りのイフダン」、下がった時に買戻す場合は「売り→買いのイフダン」を選択します。

3)新規注文を仕掛けるレンジの上限は?、新規注文を仕掛けるレンジの下限は? 『110円~120円の範囲』でポジションを持ちたい場合は、上限を120円、下限を110円と入力します。

4)仕掛けるイフダンの本数は? イフダンとはポジションのことです。細かい値幅でポジションを持ちたい場合は多めの本数に設定します。

5)1本1本は何万通貨? 1つのポジションで購入する通貨数を設定します。万単位で表示されていますが、1,000通貨単位でも可能です。1,000通貨の場合は「0.1」と入力します。

6)1本あたりねらう利益は? 各ポジションで狙う利益額(利確幅)を入力します。仮に、通貨数が1,000通貨の場合に500円と入力すると、為替価格が50銭(50銭×1,000通貨)変動した時にポジションが決済されます。

7)決済トレールを設定しますか? 決済トレールとは、トレンド(値動きの流れ)に沿って決済価格が延びていくツールのことです。利用する場合は「設定する」を選択します。 例えば、利確幅を50銭にした場合、111円0銭のポジションは111円50銭になると売却されます。ところが、決済トレールを利用すると、為替価格の上昇に合わせて決済価格が延び、為替価格が20銭下がったところで売却されます。例えば、為替価格が111円から112円、113円と上昇し、20銭下がって112円80銭になるとポジションが売却されます。

8)ストップロスは設定しますか? FXの相場は70%がレンジ相場になっており、為替価格が一定の幅の中で上下動を繰返しています。ただ、トレンド相場になると為替価格が一方向に伸びていき、ポジションの含み損が拡大するようになります。そこで、ストップロスの設定をすると、設定して価格で自動的に損切りし、含み損の増大を防止できます。

以上の設定を終えると、後はトラリピが自動的に取引を繰返します。